野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

マーリンズ田澤へWBC参加要請 地元紙が「日本球界との関係改善」に注目

3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、野球日本代表「侍ジャパン」は24日に追加8選手、合計27選手を発表した。今回の選出メンバーでは、アストロズ青木宣親外野手が唯一のメジャーリーガー。青木の代理人でもあるネズ・バレロ氏は、地元紙「サン・センチネル」の取材を受け、マーリンズ田澤純一投手にも招集の声が掛かったが、熟考の末に不参加という苦汁の決断をしたことを明かした。参加を辞退したものの、記事では「タザワにオファーがあったことが大きな一歩だ」と伝えている。

NPBを経ずに社会人からメジャー入りで論議呼ぶ

 3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、野球日本代表「侍ジャパン」は24日に追加8選手、合計27選手を発表した。今回の選出メンバーでは、アストロズ青木宣親外野手が唯一のメジャーリーガー。青木の代理人でもあるネズ・バレロ氏は、地元紙「サン・センチネル」の取材を受け、マーリンズ田澤純一投手にも招集の声が掛かったが、熟考の末に不参加という苦汁の決断をしたことを明かした。参加を辞退したものの、記事では「タザワにオファーがあったことが大きな一歩だ」と伝えている。

 今年でメジャー9年目を迎える田澤は、2008年オフ、社会人チームENEOSから日本プロ野球界を経ずにレッドソックスとメジャー契約を交わした。同年のドラフトで指名確実の存在だったが、メジャー挑戦の意思表明をし、NPB球団に指名を見送るように願い出たが、前例のない行動が大きな話題に。後に、人材流出を懸念したNPBは、日本でのドラフト指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は、日本でのプレーを希望する場合、帰国後に大学卒・社会人は2年間、高校卒は3年間はNPB球団と契約できないルールを作った。

 これをきっかけに、日本球界と田澤の間に“しこり”のようなものが生まれていたことは否めない。実際に、2013年の第3回大会には招集されず。田澤以外の日本人メジャーリーガーに招集の打診があったことは広く知られている。一方、この年にセットアッパーとして大活躍した田澤は、レッドソックスがワールドシリーズ優勝を果たす原動力になった。

人気記事ランキング