野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキース正遊撃手も参戦へ オランダ内野陣は「WBC最強の布陣の一つ」

ヤンキース正遊撃手も参戦へ オランダ内野陣は「WBC最強の布陣の一つ」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕が3月に迫る中、ヤンキースの正遊撃手ディディ・グレゴリウスがオランダ代表として参戦する見込みだと米メディアが報じた。内野にメジャーのスター選手が揃うオランダで、グレゴリウスも当初から参戦の見込みとされていたが、MLB公式サイトがあらためて伝えた。

20170125_Gregorius

グレゴリウスも参戦とMLB公式サイト、昨季は打撃“開眼”で20本塁打

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕が3月に迫る中、ヤンキースの正遊撃手ディディ・グレゴリウスがオランダ代表として参戦する見込みだと米メディアが報じた。内野にメジャーのスター選手が揃うオランダで、グレゴリウスも当初から参戦の見込みとされていたが、MLB公式サイトがあらためて伝えた。

 グレゴリウスは2014年限りで現役を引退したスーパースター、デレク・ジーターの後を継いでヤンキースで遊撃のレギュラーに。高い守備力を誇る一方、15年は打撃に課題を残したが、昨季は打率.276、20本塁打、70打点と“開眼”した。

 記事では、ヤンキースのアラン・コックレル打撃コーチが「私は昨年、ディディのパワーを目の当たりにした。彼は神から与えられたバッドスピードを兼ね備えている。昨季は幾らかコンパクトにバットを振ることが出来ていたし、ボールを捉えるのも上手くなった」と絶賛していることを紹介。打撃での「前進」は、2017年も続くと伝えた。

人気記事ランキング