野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 今季メジャー最激戦区はア西地区と米予想 日本人3選手が3チームで火花

今季メジャー最激戦区はア西地区と米予想 日本人3選手が3チームで火花

メジャーのキャンプインまで約3週間と迫り、各方面で今季の順位予想が始まった。MLB公式サイトも例外ではない。米データサイト「ファングラフス」の順位予想を基に、2リーグ×3地区の優勝難易度を予想する特集記事を掲載。合計6地区の中で最も激戦区と予想されたのは、ア・リーグ西地区だった。

20170121_aoki

5チームのうち4チームが勝ち越し予測、優勝候補はアストロズ?

 メジャーのキャンプインまで約3週間と迫り、各方面で今季の順位予想が始まった。MLB公式サイトも例外ではない。米データサイト「ファングラフス」の順位予想を基に、2リーグ×3地区の優勝難易度を予想する特集記事を掲載。合計6地区の中で最も激戦区と予想されたのは、ア・リーグ西地区だった。

 ア・リーグ西地区といえば、日本人にはおなじみの地区だ。地区2連覇を飾っているレンジャーズにはダルビッシュ有投手、マリナーズには岩隈久志投手、アストロズには今季から青木宣親外野手が所属することになった。3選手が3チームでしのぎを削るわけだが、記事ではアストロズの地区優勝を予想している。

 90勝72敗で地区優勝と予想されているアストロズは、今オフにマリナーズからウエーバー手続きを経て青木を獲得。さらにFAやトレードでも積極的に戦力補強を行い、ベテラン外野手ベルトラン、捕手マキャン、外野手レディックらが加わり、「昨季ア・リーグで8位だった攻撃力は改善されたようだ」と分析されている。唯一の弱点は投手力だが、それを補って余りある攻撃力を備えたと判断されたようだ。

人気記事ランキング