野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大が「契約破棄する可能性はない」 球団幹部の“読み”をNY記者が紹介

田中将大が「契約破棄する可能性はない」 球団幹部の“読み”をNY記者が紹介

田中将大が昨季同様の成績を残し、FAとなれば、現在よりも条件のいいオファーが舞い込むことは確実とされている。つまり、活躍するほどオプトアウトを選択する可能性が高まると周囲は見ているが、地元ラジオ局「WFAN」で長年ヤンキース番を務めるスウィーニー・マーティ記者は、「CBSニューヨーク」に掲載された記事の中で“真逆”の見解を示している。ヤンキース関係者らは、田中がオプトアウトすることはないと見ているというのだ。

20160922_tanaka

田中の「活躍→契約破棄」の流れに“異論”

 ヤンキースの田中将大投手は昨季、メジャー3年目のシーズンを自己最高の成績で終えた。メジャー随一の名門球団でエースとしての立場を確立。今季もエースとしての働きが期待されているが、田中が好投すればするほど、球団やファンはジレンマに陥ることになる。2014年から7年総額1億5500万ドル(約179億円)の大型契約を結んでいる日本人右腕は、今季終了後に契約を破棄してフリーエージェント(FA)となれる「オプトアウト」の権利を持っているからだ。

 田中が昨季同様の成績を残し、FAとなれば、現在よりも条件のいいオファーが舞い込むことは確実とされている。つまり、活躍するほどオプトアウトを選択する可能性が高まると周囲は見ているが、地元ラジオ局「WFAN」で長年ヤンキース番を務めるスウィーニー・マーティ記者は、「CBSニューヨーク」に掲載された記事の中で“真逆”の見解を示している。ヤンキース関係者らは、田中がオプトアウトすることはないと見ているというのだ。

 記事では「2017年シーズン後、田中はオプトアウトするのだろうか? 恐らく、彼の肘が答えになるだろう」と指摘。シーズン開幕前から議論が白熱していることに触れ、「オプトアウトは避けられないように思える」としながらも、メジャー1年目の2014年に右肘靭帯部分断裂の重傷を負ったことが、まだ影響していると伝えている。

人気記事ランキング