野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、今季の投球回数は139回1/3? 米データサイトが厳しい予測

レンジャーズのダルビッシュ有投手は今季終了後に6年契約が満了し、フリーエージェント(FA)となる。オフには争奪戦になることが予想されるが、“スーパーエース級”の大型契約を手にできるかは、今季の成績にかかっている。

20170130_darvish

今季終了後にFAに、自身2度目の200イニング到達が期待されるが…

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は今季終了後に6年契約が満了し、フリーエージェント(FA)となる。オフには争奪戦になることが予想されるが、“スーパーエース級”の大型契約を手にできるかは、今季の成績にかかっている。トミー・ジョン手術による長期離脱から昨年5月に戦列に戻り、パフォーマンスがさらに向上するとされている復帰2年目のシーズンで、日本人右腕はどんな成績を残すのか。

 野球専門の米データサイト「ファングラフス」はこのほど、予測システム「ZiPSプロジェクションズ」によるレンジャーズの2017年の成績予測を掲載。同システムは、実際よりもやや“抑えめ”の数字を予測することがほとんどで、ダルビッシュについては2015年シーズンが全休となった影響もあると見られるが、24試合先発でイニング数は139回1/3に終わると算出している。

 ダルビッシュは昨季、17試合に先発し、7勝5敗、防御率3.41の成績を残した。右肩違和感での一時離脱はあったが、復帰初年度としては上々の数字。イニング数は100回1/3だった。今季は2013年(209回2/3)以来の200イニング到達も期待されるが、「ZiPSプロジェクションズ」の予測では遠く及ばないとされている。

人気記事ランキング