野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 千葉市の火災予防運動ポスター、ロッテ益田が“復帰” 前回はセーブ王で「今年も」

千葉市の火災予防運動ポスター、ロッテ益田が“復帰” 前回はセーブ王で「今年も」

ロッテは30日、千葉市消防局の「春の火災予防運動(3月1~7日)」を前に、市内町内自治会・公共施設及び事業所に掲示する火災予防運動ポスターに益田直也投手が起用されることになったと発表した。

20161219_masuda

4年ぶりに起用「13年にはセーブ王のタイトルをとっているので…」

 ロッテは30日、千葉市消防局の「春の火災予防運動(3月1~7日)」を前に、市内町内自治会・公共施設及び事業所に掲示する火災予防運動ポスターに益田直也投手が起用されることになったと発表した。マリーンズとのコラボは2013年から始まっており、益田の起用は13年以来となる。14年がGG佐藤で、その後は15年、16年と2年連続で西野が起用されていた。

 ポスターの作製は、火災の発生しやすい時季を迎えるに当たり、家庭や職場・地域の防火意識の高揚を図り、尊い命と貴重な財産の損失を防止することを目的としている。火災予防の更なる注意喚起を促すため、「千葉ロッテマリーンズ」の選手を起用。千葉市内町内自治会掲示板や公共施設、事業所など約4000箇所で掲示される。

 益田は「火災予防運動のポスターに抜擢していただき、大変光栄に思います。このポスターを見ていただき、火災予防に対する意識が高まることを願っています。また、自分も好投することで、このポスターに込められているメッセージを広く伝える事ができればと考えております。前回、ポスターに起用された13年にはセーブ王のタイトルをとっているので、今年も精一杯、頑張って狙っていきます」とコメントしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング