野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

同僚も驚く打球速度 ホークス新大砲ジェンセンが柵越え9発「感触よかった」

大砲の匂いを感じさせた。ダイヤモンドバックスからソフトバンクに新加入したカイル・ジェンセン内野手(28)がキャンプ初日となった1日、フリー打撃でいきなりマイナー通算178本塁打のパワーを披露した。

新助っ人ジェンセンがキャンプ初日にいきなりパワー披露

 大砲の匂いを感じさせた。ダイヤモンドバックスからソフトバンクに新加入したカイル・ジェンセン内野手(28)がキャンプ初日となった1日、フリー打撃でいきなりマイナー通算178本塁打のパワーを披露した。

 今宮健太と同組でのバッティング回りで打席に入ったジェンセン。左投げ右打ちという変わり種の助っ人砲は、左の打撃投手相手に19スイング目で左翼席へ“来日初本塁打”となる柵越えを放つと、24スイング目には左中間スタンド最深部へ。計32スイングで3アーチを放った。

 次に右投手と対峙すると、ここでは26スイング。左中間スタンド最深部に2本の柵越えを放つと、センターバックスクリーンにも1本を放り込むなど、6本の柵越え。キャンプ初日は計58スイングで9本をスタンドへと放り込んだ。

 ジェンセンの打撃フォームは踏み出すステップが小さく、テークバックの動きも少ない。キャンプ初日とあって、打ち損じも多かったが、その打球の速さには、見ていたチームメートからも驚きの声が漏れていた。

人気記事ランキング