野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1がドラ1に刺激 ホークス2年目高橋が意地「正義さんに負けたくなかった」

強烈なライバル心が垣間見えた。ソフトバンクの宮崎キャンプ初日。昨季のドラフト1位、高橋純平投手(19)が上々のスタートを切った。今季のドラフト1位の田中正義投手(22)と並んで立ったブルペン。年齢的には3歳上、プロのキャリアでは後輩となるゴールデンルーキーが7割程度で投げる横で、勢いのあるボールを投げ込んだ。

20170201_takahashi

初日から勢いのあるボール投げ込んだ高橋

 強烈なライバル心が垣間見えた。ソフトバンクの宮崎キャンプ初日。昨季のドラフト1位、高橋純平投手(19)が上々のスタートを切った。今季のドラフト1位の田中正義投手(22)と並んで立ったブルペン。年齢的には3歳上、プロのキャリアでは後輩となるゴールデンルーキーが7割程度で投げる横で、勢いのあるボールを投げ込んだ。

「自主トレでもキャッチャーを座らせて投げることはやっていた。悪い方向にはいっていないので、継続してやっていきたい」

 初日に投げ込んだのは、「たまたま」という背番号と同じ47球。昨季、課題とされた制球が乱れることも少なく、捕手のミットへ次々とボールが収まっていった。

 ルーキーイヤーは、新人合同自主トレ初日に左スネを痛め、いきなりリハビリ組になった。県岐阜商高時代に痛めていた左太もも裏の肉離れも完治しきっていなかったこともあり、春季キャンプもリハビリメニューをこなす日々だった。そんな昨季のキャンプとは一転、順調な滑り出しとなった。

 ブルペン投球終了後には工藤公康監督に呼び止められ、アドバイスを受けた。

人気記事ランキング