野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 日本行き浮上のメジャー本塁打王カーター、本人は「MLBでのプレー希望」

日本行き浮上のメジャー本塁打王カーター、本人は「MLBでのプレー希望」

NPB球団との契約の可能性が報じられた昨季メジャー本塁打王、クリス・カーター内野手(ブルワーズFA)がメジャーでのプレーを希望していると、米ESPNで解説者を務めるジム・ボーデン氏が伝えている。自身のツイッターでレポートしている。

20170202_carter

現地解説者が本人の意向をレポート、「ここに残りたい」

 NPB球団との契約の可能性が報じられた昨季メジャー本塁打王、クリス・カーター内野手(ブルワーズFA)がメジャーでのプレーを希望していると、米ESPNで解説者を務めるジム・ボーデン氏が伝えている。自身のツイッターでレポートしている。

 30歳の強打者はメジャーで7シーズン目を迎えた昨季、打率.222、41本塁打、94打点をマークし、自身初の本塁打王に輝いた。94打点、76四球もキャリア最多だったが、206三振は自身2度目のリーグワーストだった。

 オフにフリーエージェントとなった30歳について、米スポーツ専門局「FOX Sports」の名物記者ケン・ローゼンタール氏が日本行きの可能性をレポート。同記者によると、カーターの代理人を務めるデーブ・ステュワート氏がNPB球団からオファーがあることを認め、「どこかで真剣に考えないと。向こう(日本)も戦力が固まりつつあるから」と話したという。2015年終了後も日本の球団からオファーがあったが、1年250万ドル(約2億8200万円)でブルワーズと契約した経緯も報じていた。

 これを受け、米国内でもカーターの日本行きの可能性が報じられていたが、ボーデン氏がこのほど、「昨季ナ・リーグ本塁打王のFA、クリス・カーターは昨夜、ここに残りたい、日本よりもメジャーでプレーしたいと我々に表明した」と自身のツイッターで報告した。

 レイズ、レンジャーズも興味を示しているというカーター。メジャー通算150発の強打者の動向が注目される。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング