野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

世界一奪還へ、侍ジャパン28人があらためて決定 最も多いのは「◯◯世代」

第4回大会のチーム最年長はメジャー組から唯一の参戦となるアストロズ・青木宣親外野手の35歳。最年少は楽天の松井裕樹投手の21歳となる。プロ野球界では「松坂世代」の80年度生まれ、かつて「ハンカチ世代」と呼ばれた88年度生まれ、「大谷世代」の94年度生まれの選手たちが球界を引っ張っているが、果たして、どの世代が今大会を引っ張っていくのか。

大谷が外れて武田が選出、最多は「ハンカチ世代」でも「大谷世代」でもなく…

 侍ジャパン日本代表は3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す。エースとして期待されていた日本ハム・大谷翔平投手は右足首痛のため代表メンバーから外れたが、新たに選出されたソフトバンク・武田翔太投手ら代表メンバー28選手は春季キャンプで急ピッチで調整を進めている。

 第4回大会のチーム最年長はメジャー組から唯一の参戦となるアストロズ・青木宣親外野手の35歳。最年少は楽天の松井裕樹投手の21歳となる。プロ野球界では「松坂世代」の80年度生まれ、かつて「ハンカチ世代」と呼ばれた88年度生まれ、「大谷世代」の94年度生まれの選手たちが球界を引っ張っているが、果たして、どの世代が今大会を引っ張っていくのか。

 最も多かったのが1989年度生まれの選手だ。巨人・菅野智之投手、小林誠司捕手、広島の菊池涼介、田中広輔の二遊間コンビ、日本ハム・中田翔内野手の5人。89年度生まれの選手が高校3年夏の甲子園では佐賀北が全国制覇し、“がばい旋風”が話題に。準優勝は野村祐輔(広島)、小林誠司がバッテリーを組んでいた広陵高だった。

 次に多かったのが88年度生まれ。高校時代に「ハンカチ世代」と呼ばれた選手たちだ。今回の代表には巨人・坂本勇人内野手、西武・秋山翔吾外野手、ロッテ・石川歩投手、ヤクルト・秋吉亮投手の4人が選出。高校3年夏の甲子園では、日本ハム・斎藤佑樹投手を擁した早実が全国制覇を果たした。甘いマスクの斎藤投手がマウンドで青いハンカチを使ったことから、当時は「ハンカチ王子」と騒がれた。準優勝はWBC不参加を表明したヤンキース・田中将大投手がエースだった駒大苫小牧高。同じく不参加のドジャース・前田健太投手も同世代だ。

人気記事ランキング