野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷辞退も侍Jに高評価 米スカウト「MLBでプレーできる可能性秘めた選手多い」

侍ジャパンは果たして2大会ぶり3度目の優勝を手にすることができるのか。28選手が固まった後に持ち上がった大谷の辞退は米国をはじめ海外でも大きく報じられ、チームにとっても大きな誤算となったが、MLB公式サイトではメジャースカウトがそれでも侍ジャパンのチーム力を高く評価している様子を伝えている。

20161107_fujinami

米国際スカウト「二刀流のスター選手がいなくとも手強いチームに仕上がっている」

 日本ハム・大谷翔平投手が辞退となり、ソフトバンク・武田翔太投手の招集が発表された野球日本代表「侍ジャパン」。NPBでプレーする27選手に、メジャーリーグでプレーする青木宣親外野手(アストロズ)を加えた布陣で3月のWBCに挑む。

 侍ジャパンは果たして2大会ぶり3度目の優勝を手にすることができるのか。28選手が固まった後に持ち上がった大谷の辞退は米国をはじめ海外でも大きく報じられ、チームにとっても大きな誤算となったが、MLB公式サイトではメジャースカウトがそれでも侍ジャパンのチーム力を高く評価している様子を伝えている。

 日本時間8日に掲載された特集記事では、侍ジャパンについて「アジア圏を担当する国際スカウトによれば、日本は二刀流のスター選手がいなくとも、手強いチームに仕上がっているという」とレポート。韓国とともに決勝ラウンドに勝ち進む本命に挙げている。

 特集では過去2度の優勝を振り返り、2009年大会決勝の韓国戦でイチローが勝ち越し2点適時打を放ったことなどを紹介。「この韓国との一戦は、野球の国際試合において最高の瞬間だろう」と評している。

人気記事ランキング