野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「キューバの至宝」ら懐かしの助っ人ズラリ…WBC各国にNPB経験者が続々選出

7日に最終メンバー登録が締め切られた3月の第4回WBC。2大会ぶりの世界一奪回を目指す日本は巨人・菅野智之投手ら、NPBの主力選手を中心にメンバー編成されたが、他国でもNPB経験者は少なくない。大会公式ホームページで発表された各国の出場ロースターから注目選手を紹介する。

9日発表ロースター、NPBから世界へ…0発助っ人からタイトルホルダーまで

 7日に最終メンバー登録が締め切られた3月の第4回WBC。2大会ぶりの世界一奪回を目指す日本は巨人・菅野智之投手ら、NPBの主力選手を中心にメンバー編成されたが、他国でもNPB経験者は少なくない。大会公式ホームページで発表された各国の出場ロースターから注目選手を紹介する。

 現在も在籍している選手からはタイトルホルダーが続々と名を連ねている。13年に日本プロ野球新記録のシーズン60本塁打を記録したヤクルト・バレンティン(オランダ)、昨季39発でパ・リーグ本塁打王の日本ハム・レアード(メキシコ)、13年と16年に最優秀中継ぎ投手を獲得した巨人・マシソン(カナダ)ら、豪華なメンバーが選出された。

 ほかにも、現在の在籍選手では日本ハムのメンドーサ(メキシコ)、ソフトバンクのバンデンハーク(オランダ)、スアレス(ベネズエラ)がいる。

 過去の在籍選手にもタイトルホルダーはいる。14年から2年連続で最多セーブに輝いた阪神・呉昇桓、オリックス時代の12年に91打点で打点王に輝いた李大浩の韓国勢が代表入りしている。

 記憶に新しい昨季NPBでプレーした選手では、DeNAから2人が選出された。ロマックは米マイナー200発の実績を引っさげて昨季入団も出場30試合で打率.113、0本塁打と振るわなかったがカナダ代表として、球団の外国人最多の通算17勝をマークしたモスコーソはコロンビア代表としてメンバー入り。他球団への移籍が有力視されている前ロッテのデスパイネはキューバ代表に選ばれた。

人気記事ランキング