野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB武田“仮想WBC”で投球練習 制球上向き「まとまってきた、いい感じ」

WBC本大会に向け、順調な仕上がりを見せた。ソフトバンクの武田翔太投手(23)が宮崎キャンプ第2クール最終日の9日、侍ジャパンへの追加招集が決まってから2度目となるブルペンに入った。この日もWBC球を使い、WBC用のマウンドでピッチングを行なった。

20170202_takeda

追加招集後、2度目のWBC球&WBC用マウンドでブルペン入り

 WBC本大会に向け、順調な仕上がりを見せた。ソフトバンクの武田翔太投手(23)が宮崎キャンプ第2クール最終日の9日、侍ジャパンへの追加招集が決まってから2度目となるブルペンに入った。この日もWBC球を使い、WBC用のマウンドでピッチングを行なった。

 7日の投球練習の際はボールが浮くシーンも散見されたが、この日は前回よりも制球が安定。「ある程度まとまってきたので、いい感じです」とアジャストは進んでいる。この日も真っすぐのみの投球練習で「変化球はまだ。もうちょっとです」とし、11日からの第3クールにも、変化球を解禁する見込みだ。

 追加招集という難しいタイミングでの選出となった右腕だが、調整、適応は順調に進んでいるようだ。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング