野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 代名詞の髭剃り、ナックルボーラーに 元剛腕守護神がMLB復帰へ“大変身”!?

代名詞の髭剃り、ナックルボーラーに 元剛腕守護神がMLB復帰へ“大変身”!?

顔中を覆う髭とモヒカンをトレードマークに、個性派クローザーとしてジャイアンツのワールドシリーズ制覇に貢献した剛腕が、全くの“別人“になってメジャー復帰を目指している。米ヤフースポーツが「ブライアン・ウィルソン、ナックルボール投手としてMLB復帰を睨む」とのタイトルで特集記事を掲載した。

ジャイアンツで世界一貢献のウィルソン「ナックルボーラーとしてキャリアを再開」

 顔中を覆う髭とモヒカンをトレードマークに、個性派クローザーとしてジャイアンツのワールドシリーズ制覇に貢献した剛腕が、全くの“別人“になってメジャー復帰を目指している。米ヤフースポーツが「ブライアン・ウィルソン、ナックルボール投手としてMLB復帰を睨む」とのタイトルで特集記事を掲載した。

 ウィルソンはジャイアンツで2006年にメジャーデビューし、07年終盤からクローザーに定着。08年は41セーブ、09年は38セーブを挙げ、シーズン途中から髭を伸ばし始めた10年にはリーグトップの48セーブをマーク。ジャイアンツのワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

 続く11年も36セーブを挙げるなど一時代を築いたが、翌12年に右肘を痛めてトミー・ジョン手術を受け、長期離脱。オフにFAとなり、翌13年は7月にドジャースと契約した。14年には61試合に登板したものの、防御率4.66でオフに解雇。その後の2年間はメジャーのマウンドに上がっていない。

 記事では「ブライアン・ウィルソンがナックルボーラーとしてキャリアを再開しようとしている」と驚きの事実を紹介。そして、自主トレ中のウィルソンが8日(日本時間9日)にブルペン入りし、30分の投球の中で、実際にほとんどがナックルボールだったことを記している。

 ウィルソンは、取材した記者に対して「MVP-サイヤング級のナックルボールがあったろう? 記事にしてもいいよ、冗談抜きで」と話しかけ、「リラックスして自分が何がしたいのかを見つけ出すことは、ある意味良かったよ。心機一転というのかな」と心境を明かしている。さらに、「自分は34歳かもしれないけど、実際は生物学的には26歳だよ」とコンディションの良さも強調したという。

人気記事ランキング