野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米名物記者が「今季興味深い50人」選出 ダルビッシュ&田中に大谷の名も!?

キャンプインを間近に控え、メジャーに関連する予想記事が続々と出されている。ニューヨークの地元紙「NYポスト」電子版も例外ではなく、舌鋒鋭い名物記者として知られるジョエル・シャーマン記者が「MLBの興味深い人物50選」と題した記事を掲載。ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)、田中将大投手(ヤンキース)、大谷翔平投手(日本ハム)の日本人3投手がランクインした。

3投手とも今季終了後のオフを賑わす存在に?

 キャンプインを間近に控え、メジャーに関連する予想記事が続々と出されている。ニューヨークの地元紙「NYポスト」電子版も例外ではなく、舌鋒鋭い名物記者として知られるジョエル・シャーマン記者が「MLBの興味深い人物50選」と題した記事を掲載。ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)、田中将大投手(ヤンキース)、大谷翔平投手(日本ハム)の日本人3投手がランクインした。

WBC2大会連続出場の松田宣浩が抱く決意「世界一になって世界一のリーグに」(後編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 はじめに登場するのは、ダルビッシュと田中。2人はジェイク・アリエッタ(カブス)、ジョニー・クエト(ジャイアンツ)と並んで10位にランクインした。4人はいずれも2017シーズン終了後にFA市場を賑わす可能性のある先発投手だ。

 記事では、今オフのFA市場では先発投手が手薄だったことに触れ、「クエトと田中がオプトアウト(契約破棄)すれば、来オフは間違いなく充実する」と説明。いずれの選手もシーズン終了までに、現在所属するチームと契約延長の可能性もあるが、ニューヨークを拠点とするシャーマン記者は、とりわけ田中に興味がそそられるようで「タナカは肘の不安を抱えながら、長期契約を結ぶべき価値と信頼を積み重ねていく。ヤンキースは彼を引き留めるのか、代わりを探すのか」と見どころに挙げた。

人気記事ランキング