野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地元紙がダルビッシュとレ軍前エースを比較 能力と“コスパ”で上なのは?

レンジャーズのダルビッシュ有投手がメジャー6年目のシーズンを迎える。今季終了後に6年契約が満了。オフにはフリーエージェントとなるだけに、右腕の去就は米国内でも開幕前から大きな注目を集めており、レンジャーズはシーズン終了前にも契約延長に動くと報じられている。

引退を表明した左腕ウィルソンと比較、ダルビッシュの方が「優秀な投手」も…

 レンジャーズのダルビッシュ有投手がメジャー6年目のシーズンを迎える。今季終了後に6年契約が満了。オフにはフリーエージェントとなるだけに、右腕の去就は米国内でも開幕前から大きな注目を集めており、レンジャーズはシーズン終了前にも契約延長に動くと報じられている。

 では、ダルビッシュのここまで5年間の働きは実際にはどのような評価を受けているのか。地元紙「スターテレグラム」は、ダルビッシュと入れ替わりにFAでチームを去り、今月9日に現役引退が明らかになったばかりの元エース左腕C・J・ウィルソンと比較する特集を掲載している。

「今のところ、C・Jよりもユウの方が格段に良いというわけではない」とのタイトルがつけられた記事では、ウィルソンについて「自信過剰でビッグマウスだった」としながらも、「しかし、最終的に彼はユウ・ダルビッシュよりも金額に見合った選手だと分かった」と指摘。“コスパ”の面では元エースに軍配を上げている。

 ウィルソンは05年にレンジャーズでデビュー。当初は救援だったが、10年から先発ローテーションに定着し、33試合登板で15勝8敗、防御率3.35の好成績を収めてワールドシリーズ進出に貢献した。11年も34試合登板で16勝7敗、防御率2.94と活躍し、2年連続のワールドシリーズ進出にチームを牽引。初のオールスター出場も果たした。

 その年のオフにFAとなり、エンゼルスに移籍。レンジャーズは日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍に踏み切ったダルビッシュを獲得した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中