野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • イチローら所属のマ軍オーナーがトランプ政権下で仏大使候補に、米紙報じる

イチローら所属のマ軍オーナーがトランプ政権下で仏大使候補に、米紙報じる

今月に入り、身売り報道が過熱しているマーリンズのオーナーを務めるジェフリー・ローリア氏がドナルド・トランプ政権でフランス大使に就任する可能性が急浮上している。米紙「ニューヨーク・ポスト」電子版が報じている。

20170216_loria

身売り報道が過熱しているマーリンズ

 今月に入り、身売り報道が過熱しているマーリンズのオーナーを務めるジェフリー・ローリア氏がドナルド・トランプ政権でフランス大使に就任する可能性が急浮上している。米紙「ニューヨーク・ポスト」電子版が報じている。

 球団の売却先として挙がっているのは、トランプ大統領の娘のイヴァンカさんの義理の父にあたるチャールズ・クシュナー氏らが経営する会社。16億ドル(約1800億円)での売却で口頭合意に達したとも伝えられる中、記事ではすでにトランプ政権はローリア氏の大使就任にゴーサインを出しているとも伝えている。

 これまでマーリンズのデビッド・サムソン球団社長は米メディアに対し、「多くの噂が飛び交っている。常にあらゆることが起こっている。これらの噂は、他の噂と何が違うんだ。時間が経てば分かるだろう」と語っていた。イチロー外野手や田澤純一投手らが所属するマーリンズにどのような未来が待っているのか。今後の動向が注目される。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング