野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

被弾、被弾、ポロリ…巨人・田口が先頭から2連発浴び、まさかの1回3失点

巨人の田口麗斗投手が18日、韓国・サムスン戦(那覇)の4回から登板。ローテの一角として期待される左腕は、先頭から2者連続被弾を許す苦しい展開となった。

下位打線に2者連続被弾、直後に送球をポロリ

 巨人の田口麗斗投手が18日、韓国・サムスン戦(那覇)の4回から登板。ローテの一角として期待される左腕は、先頭から2者連続被弾を許す苦しい展開となった。

 0-3から2番手でマウンドに上がった。先頭の7番の右打者にカウント3-0からストライクを取りにいった真ん中直球を左翼席に運ばれた。続く8番の右打者にも真ん中付近の直球を捉えられ、再び左翼席へ。下位打線に2者連続被弾を許した。

 悪い流れを断ち切りたいところだったが、次打者の一塁・東へのゴロで一塁カバーに入った田口がトスを落球。ここからピンチを広げ、タイムリー二塁打を打たれて追加点を献上した。

 昨季チーム唯一の2ケタ10勝を挙げた左腕が対外試合初登板で、まさかの1イニング3失点となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング