野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 侍Jコンビの増井&宮西が紅白戦で無失点登板 WBCに仕上がり順調

侍Jコンビの増井&宮西が紅白戦で無失点登板 WBCに仕上がり順調

侍ジャパン日本代表の日本ハム・増井浩俊投手、宮西尚生投手が18日、1、2軍合同の紅白戦(名護)でそろって1軍実戦初登板を果たした。ともに無失点登板で、3月のWBCに向けて上々の仕上がりを見せた。

full-count10

増井は1回3者凡退、宮西は1回1安打1四球無失点

 侍ジャパン日本代表の日本ハム・増井浩俊投手、宮西尚生投手が18日、1、2軍合同の紅白戦(名護)でそろって1軍実戦初登板を果たした。ともに無失点登板で、3月のWBCに向けて上々の仕上がりを見せた。

 まずは増井だ。紅組の3番手として4回から登板。切れのある直球で押し、大田を右飛、大野を遊ゴロ、大嶋を投ゴロと3者凡退に抑えた。

 左のセットアッパーと期待される宮西は白組の3番手として5回から登板した。先頭・横尾の四球、松本の右前安打などで2死一、二塁としたが、岸里を力のない投ゴロに仕留めた。

 増井、宮西ともに今回のWBCが初出場となる。滑りやすいと言われるWBC公式球を攻略し、本番に臨みたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング