野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「厳しい現実」直面、ソフトB注目ドラ1田中正義が初実戦登板へ

ゴールデンルーキーがいよいよ実戦のマウンドに立つ。宮崎でキャンプ中のソフトバンクは第4クール最終日となる19日、3度目の紅白戦を実施。ドラフト1位ルーキーの田中正義投手が、プロ入り後初めて、実戦に登板する。

ホークスが3度目の紅白戦実施へ、注目されるベテラン&若手の投球

 ゴールデンルーキーがいよいよ実戦のマウンドに立つ。宮崎でキャンプ中のソフトバンクは第4クール最終日となる19日、3度目の紅白戦を実施。ドラフト1位ルーキーの田中正義投手が、プロ入り後初めて、実戦に登板する。

 田中は白組の4番手で、6、7回にマウンドに上がる予定。14日のシート打撃では打者7人に対して、2つの四球を与え、制球に不安を残した。さらに、変化球の投球時に腕の振りが鈍くなるという癖も発覚。「厳しい現実がある。このままでは通用しない可能性が高い」と課題を痛感させられていた右腕が、どのような投球を見せるか、注目だ。

 この紅白戦では、田中の他にも、実績ある投手がマウンドに立つ。田中と同じ白組の先発は昨季の最多勝、最高勝率の2冠に輝いた和田毅。紅組は、オランダ代表としてWBCに出場するリック・バンデンハークが先発する。紅組は2番手で五十嵐亮太が登板し、ベネズエラ代表でWBCに出場するロベルト・スアレス、そして飯田優也、石川柊太、岡本健とつなぐ。

 白組は和田の後に、復活を目指す攝津正、寺原隼人が登板し、田中へとバトンをつなぐ。開幕1軍を狙う若手、そして、実績あるベテランが、どんな投球を見せてくれるだろうか。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング