野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

MLB公式サイトが「トップ100選手」を決定 ダルビッシュと田中がランクイン

MLB公式サイトが、過去のパフォーマンスや新シーズンへの期待値を込めてメジャーリーガーを“格付け”し、現時点での「トップ100プレーヤー」を発表している。日本人では、ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)、田中将大投手(ヤンキース)の2人がランクイン。今季も所属球団でエースとしての役割が期待される2人の右腕は、メジャーでもトッププレーヤーとして認められているようだ。

現時点での「MLBトップ100プレーヤー」に日本人投手2人

 MLB公式サイトが、過去のパフォーマンスや新シーズンへの期待値を込めてメジャーリーガーを“格付け”し、現時点での「トップ100プレーヤー」を発表している。日本人では、ダルビッシュ有投手(レンジャーズ)、田中将大投手(ヤンキース)の2人がランクイン。今季も所属球団でエースとしての役割が期待される2人の右腕は、メジャーでもトッププレーヤーとして認められているようだ。

 100位で登場するのダルビッシュ。99位はウィルソン・ラモス(レイズ)、98位はサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)、97位はヤディアー・モリーナ(カージナルス)と捕手が続き、96位は同僚のコール・ハメルズ投手(レンジャーズ)、95位は昨年のサイ・ヤング賞右腕リック・ポーセロ投手(レッドソックス)となっている。

 ダルビッシュは2年目の2013年に32試合登板で13勝9敗、防御率2.83、リーグトップの277奪三振と好成績を残し、サイ・ヤング賞投票で2位に入った。その後は負傷の影響でフル回転したシーズンはないが、昨年5月にトミー・ジョン手術後のリハビリから復帰。6年契約の最終年となる今季は完全復活が期待されている。

 また、田中は68位に入った。メジャー3年目の昨季は初めてシーズンを通して先発ローテーションを守り、31試合に登板。199回2/3を投げ、14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07、同5位のWHIP(1イニングあたりの被安打+与四球)1.08をマークした。名門球団の絶対的エースとして挑む今季は3年連続の開幕投手が内定している。

人気記事ランキング