野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米メディア分析、阪神藤浪は侍の“伏兵” 本調子なら「日本は危険な存在に」

3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、野球日本代表「侍ジャパン」は23日から強化合宿をスタートさせる。前回大会優勝のドミニカ共和国をはじめ、米国、ベネズエラ、プエルトリコがメジャーのスター選手を揃え、厳しい戦いが予想される中、海外での前評判は高い。

20170219_fujinami

大谷欠場は「若干落胆」も…「穴を埋めることができるだろう」

 3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向け、野球日本代表「侍ジャパン」は23日から強化合宿をスタートさせる。前回大会優勝のドミニカ共和国をはじめ、米国、ベネズエラ、プエルトリコがメジャーのスター選手を揃え、厳しい戦いが予想される中、海外での前評判は高い。

 米スポーツメディア「Scout.com」は、日本代表を分析する特集記事を掲載。「優勝候補」と評価した上で、菅野智之投手(巨人)、山田哲人内野手(ヤクルト)を注目選手に挙げた。また、「過小評価されている選手」として、菊池涼介内野手(広島)、藤浪晋太郎投手(阪神)を紹介。優勝へのキーマンになると指摘している。

 日本は2006年の第1回大会、2009年の第2回大会で連覇を達成。しかし、メジャーリーガー不在で臨んだ2013年の第3回大会は準決勝でプエルトリコに敗れ、3連覇を逃した。記事では、「リベンジを図ろうとしている」日本が「2017年大会の優勝候補だろう」と分析している。

 右足首痛で大谷翔平(日本ハム)が欠場することについては「日本はメジャー以外で世界最高の選手抜きで戦わなければならない。WBCで最もエキサイティングなプレーヤーである大谷無しでは、若干落胆するファンもいるだろう」と指摘。一方で、「日本のロースターには才能豊かなNPB選手が多く見られる。日本最高の選手の穴を埋めることができるだろう」と、大谷不在は問題にならないとの見方を示している。

人気記事ランキング