野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

外野争いがますます熾烈に―ソフトB上林、オフの取り組みが凝縮された一発

熾烈な外野争いが、さらにヒートアップしてきた。ソフトバンクの宮崎キャンプ第4クール最終日となった19日。紅白戦で若手のホープが強烈にアピールした。上林誠知、21歳。この日、チームの実戦第1号となる本塁打を放つなど、2安打2打点をマークした。

20170202_uebayashi

紅白戦で大黒柱・和田から“チーム1号”、「力が抜けたいいスイング」

 熾烈な外野争いが、さらにヒートアップしてきた。ソフトバンクの宮崎キャンプ第4クール最終日となった19日。紅白戦で若手のホープが強烈にアピールした。上林誠知、21歳。この日、チームの実戦第1号となる本塁打を放つなど、2安打2打点をマークした。

 衝撃のアーチは、初回に飛び出した。「6番・左翼」で出場し、2死三塁で迎えた打席。昨季の最多勝、最高勝率の2冠に輝いた大黒柱・和田毅の初球をジャストミートした。138キロの高めの真っすぐ。打球は右翼の福田秀平のはるか頭上を越え、芝生席へと飛び込んでいった。

「初球、ファーストストライクはどんどん振っていこうと思っていた。力が抜けたいいスイングが出来ました」と振り返った上林。驚かされたのは、そのスイング。決してフルスイングをしたわけではない。力が抜け、軽く振っての一発だったことが、進化を感じさせた。

 このオフ、食事量を増やし、積極的なウエートトレーニングを取り入れた。その結果、一冬越す間に、体重は一気に10キロ増えた。打撃フォームも、先に腕を出し、後から腰が付いてくる、ヘッドがより走る形に挑戦した。キャンプでは連日、居残りでロングティー打撃を行う。その時もフルスイングではなく、ある程度、力が抜けたスイングで次々にスタンドへボールを運ぶ。この日の一発は、取り組んで来たことが凝縮されたものだった。

人気記事ランキング