野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテドラ1佐々木は早めに洗礼浴びろ? 伊東監督の「一番困る」こととは

ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木千隼投手(22)が21日、ケガなく初めてのキャンプを完走した。「あっと言う間で、とまどいも多かった。凄い方々の中で、野球の練習ができたのはプラスになった。これから実戦ですし、結果を出さないといけないので、必死でやるのは変わらない。クイックのスピードだったり、コントロールもそう」と課題を挙げた

初のキャンプをケガなく完走、26日・巨人戦で対外試合デビューも

 ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木千隼投手(22)が21日、ケガなく初めてのキャンプを完走した。「あっと言う間で、とまどいも多かった。凄い方々の中で、野球の練習ができたのはプラスになった。これから実戦ですし、結果を出さないといけないので、必死でやるのは変わらない。クイックのスピードだったり、コントロールもそう」と課題を挙げた。

 紅白戦では簡単に走られ、ボールも先行。シンカー、スライダーで空振り三振を奪ったが、伊東監督からは、決め球のシンカーを使わずに左打者を抑える投球を覚えることを宿題に課された。ストレートの使い方など、配球の引き出しを増やせということで、要求される次元は高い。

 この日、沖縄本島へ移動し、対外試合4連戦で対外試合初登板を飾る。26日のオープン戦・巨人戦(那覇)が濃厚だが「最初から抑えて、プロはこんなものと思われるのが一番困る。やっぱりプロは違うというところを勉強して欲しい。紅白戦と違い、敵チームとやるわけですから。そこでどれだけの野球ができるか」と伊東監督。ルーキーにはむしろ早めにプロの洗礼を浴びて欲しいと言っていた。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

人気記事ランキング