野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「競争とは思っていない」二塁争う侍ジャパン菊池が目指すものとは…

2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」の強化合宿が23日、「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で始まった。山田哲人内野手(ヤクルト)との正二塁手を争う菊池涼介内野手(広島)は「競争とは思っていない。任されたところを一生懸命やるだけです」と、チーム第一主義を掲げた。

20170223_kikuchi

チームで目指す2大会ぶり優勝、そのために自分ができること

 2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」の強化合宿が23日、「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で始まった。山田哲人内野手(ヤクルト)との正二塁手を争う菊池涼介内野手(広島)は「競争とは思っていない。任されたところを一生懸命やるだけです」と、チーム第一主義を掲げた。

侍ジャパン、決勝Rかけ15日に2次R最終のイスラエル戦 先発は千賀「全力で」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 チームが勝つためだったら、どんな役割でも全うしたいーー。菊池は言葉の端々から、そんな決意をにじませた。

「それはスタメンで出たいですけど、(チームの)構想があると思う。自分は任されたところをやるだけです」

 合宿初日の守備練習では、山田と一緒に二塁に就いた。練習中は互いに何度も声を掛け合いながら、サインの確認などをしたという。2人揃って日本を代表する二塁手だ。侍ジャパンではどちらがレギュラーの座を掴むのか。周囲は大いに注目するが、チームにとって最良なのは、どちらの選手が二塁になっても戦力にアップダウンなく、安定した状態で試合に臨めること。競争ではなく協力しながら、チームのために二塁のレベルアップを図る。

人気記事ランキング