野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

投球練習中に権藤コーチが次々と新しいボールを…侍はWBC球に対応できるか

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は24日、「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で強化合宿2日目の練習を行った。投手陣では、則本昂大(楽天)、増井浩俊(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)ら6人がブルペン入り。滑るとされるWBC球への対策のため、権藤博投手コーチが投球練習中に頻繁にボールを取り替えさせるなど、着々と準備を整えている。

NPB統一球よりも滑るとされるWBC球、特に「新しい球はすごく滑る」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は24日、「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で強化合宿2日目の練習を行った。投手陣では、則本昂大(楽天)、増井浩俊(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)ら6人がブルペン入り。滑るとされるWBC球への対策のため、権藤博投手コーチが投球練習中に頻繁にボールを取り替えさせるなど、着々と準備を整えている。

 WBC開幕が迫ると、日本代表チームに必ず持ち上がるのが、公式球への対応の問題だ。WBC公式球は、MLBと同じローリングス社製。MLB公式球と基本的には同じもので、日本で使用されているミズノ社製のNPB統一球よりも滑りやすく、一回り大きいと言われる。また、NPB統一球とは違い、1つ1つの個体差が大きいのも特徴だ。

 この日は、最初に則本、増井、宮西尚生(日本ハム)の3人が並んで投球練習を実施。則本が12球目を投げ終えたところで、権藤コーチは新しいボールを手渡した。他の選手にも同じように頻繁に新しいボールを差し出したが、そのたびに侍投手陣は両手でこねたり、ロージンバッグをつけるなどして、“対策”を取った。

 増井は「新しい球はすごく滑る」と話す。ただでさえ滑りやすいが、“ニューボール”になると、より手につきづらくなるという。加えて、サイズが一回り大きいことで、コントロールもさらにきかなくなる。

人気記事ランキング