野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J打撃陣が青木発案の“近距離フリー打撃” 外国人投手対策に乗り出す

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行う野球日本代表「侍ジャパン」。練習初日にはベテラン内川聖一外野手が志願の特守。そして、2日目だった24日には、坂本勇人内野手ら7選手が居残り特打に臨んだ。この特打は一工夫されていた。打撃投手を買って出た稲葉篤紀打撃コーチは、通常よりも近距離から速いテンポで打者に対してボールを投げた。いわゆる“メジャー流”のフリー打撃法を取り入れたわけだが、それには宮崎キャンプに唯一参加していない、あの選手からのアドバイスがあったという。

モーションが速い外国人投手対策として、近距離からのフリー打撃

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行う野球日本代表「侍ジャパン」。4年に一度の世界一決定戦に向け、侍戦士たちは精力的に練習に励んでいる。練習初日にはベテラン内川聖一外野手が志願の特守。そして、2日目だった24日には、坂本勇人内野手ら7選手が居残り特打に臨んだ。

 この特打は一工夫されていた。打撃投手を買って出た稲葉篤紀打撃コーチは、通常よりも近距離から速いテンポで打者に対してボールを投げた。いわゆる“メジャー流”のフリー打撃法を取り入れたわけだが、それには宮崎キャンプに唯一参加していない、あの選手からのアドバイスがあったという。

「あれは青木(宣親)選手の提案。メジャースタイルですよね。外国人投手はモーションが速く、球が動く中で、日本人のようにゆっくりタイミングを取っていると、どうしても間に合わない。だったら、近い距離から(投げる球を)自分のタイミングでどうやったら打ったらいいのか、外国人投手を想定しながらやるということを取り入れた方がいいんじゃないですか、という話がありました」

人気記事ランキング