野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂大輔、復活へ険しい道のり 苦悩吐露「やれば、やるほど悩む」

ソフトバンクの松坂大輔投手が悩める心情を明かした。宮崎キャンプ最終クール初日の25日、今季初の実戦に登板し、B組の練習試合・巨人戦(生目第二)に先発。2イニングを投げ、1安打3四球1失点。「見ての通り。肩に力ばかり入ってしまった。やれば、やるほど悩みますね」と登板後は表情を曇らせた。

実戦初登板で2回1安打3四球1失点…「やれば、やるほど悩む」

 ソフトバンクの松坂大輔投手が悩める心情を明かした。宮崎キャンプ最終クール初日の25日、今季初の実戦に登板し、B組の練習試合・巨人戦(生目第二)に先発。2イニングを投げ、1安打3四球1失点。「見ての通り。肩に力ばかり入ってしまった。やれば、やるほど悩みますね」と登板後は表情を曇らせた。

「悪くはなかった」という初回。先頭の橋本到を141キロの真っすぐで左飛に打ち取ると、続く寺内は追い込んでから、外角低めへの142キロのストレートで見逃し三振。脇谷も140キロの真っすぐで遊飛に切り、三者凡退に切ってとった。

「フォーム的、技術的に試したいことがあったので、変えたんですけど、内容までガラッと変わってしまった。ちょっと下の動かし方を変えた」という2回に荒れた。先頭の中井にフルカウントからスライダーが外れ、四球を与えると、盗塁と亀井の右飛で1死三塁。続く相川の右前打で1点を失った。さらに、北にストレートの四球、坂口にも四球。1死満塁とされたが、最後は松本をカットボールで投ゴロ併殺打に取り、1失点で何とか凌いだ。

「変えたほうがいいと思っていたけど、全然ダメでしたね。タイミングが合わなかった。練習の中ではこっちがいいと思ってやっていましたけど、ゲームで試してこそ、真実が見えるというか。試合で使ってみてどうかなので。打者を見てても違いますし、そういうところで見えてくることがある」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中