野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・菅野がブルペンで圧巻60球 「(前に)飛ばない」「奥行きのある球」

「侍ジャパン」の菅野智之投手(巨人)が27日、日本代表合流後初めてブルペン入りし、全球種を交えて60球を投げ込んだ。3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でエースとして期待される右腕は、3月1日の壮行試合・台湾選抜戦(ヤフオクドーム)に登板予定。WBCでは8日の1次ラウンド第2戦・オーストラリア戦(東京ドーム)での先発が濃厚だが、今後詰めていく部分は「ないですね」と言い切った。エースは本番へ向けてすでに準備万端だ。

20170227_4sugano3

3月1日に先発へ侍で初ブルペン入り、本番へ向けて万全「(やることは)ないですね」

「侍ジャパン」の菅野智之投手(巨人)が27日、日本代表合流後初めてブルペン入りし、全球種を交えて60球を投げ込んだ。3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でエースとして期待される右腕は、3月1日の壮行試合・台湾選抜戦(ヤフオクドーム)に登板予定。WBCでは8日の1次ラウンド第2戦・オーストラリア戦(東京ドーム)での先発が濃厚だが、今後詰めていく部分は「ないですね」と言い切った。エースは本番へ向けてすでに準備万端だ。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(野手編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 菅野は22日の楽天戦で3イニングを投げてから侍ジャパンに合流。シーズン中と同じ調整を貫くために、23日からの4日間の強化合宿で投球練習を行っていなかった。そして、移動日の27日に実現した侍としての初ブルペンで、圧巻の投球を見せた。

 直球を4球、カーブを2球投じると、その後は村田善則バッテリーコーチに打席に入ってもらい、投球を続けた。途中からセットポジションも交え、ワンシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、カットボールを正確なコントロールで投げ込んでいった。「やってきたことを継続してやっただけなので、変えることなく今まで通りやってきたことをやりました」。圧巻の60球だった。

 本番へ向けて、「今後詰めていきたい部分は?」と問われると、本人は「ないですね」と断言。「実戦に入ったら『もうちょっとこうしなきゃ』とか、『あれやっておけばよかったな』というのは許されないと思う。そのためにキャンプである程度球数も投げて、もっとさかのぼると自主トレからやってきたので、もうそういうことは言ってられない。しっかりやってきたものを試合で出すだけだと思ってます」。風格を漂わせ、言葉を並べた。

人気記事ランキング