野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

復活へもがく松坂大輔、中学時代の恩師が秘める思い「悪くていい」

横浜高で甲子園春夏連覇を果たし「平成の怪物」と呼ばれたソフトバンクの松坂大輔投手。中学時代は東京都江戸川区の強豪チーム「江戸川南リトルシニア」に所属し、数々の大会で優勝するなど、当時から頭角を現していた。その当時、右腕を指導していたのが大枝茂明さんだ。

中学時代は「練習嫌い」も「何か持っている」、恩師が明かす秘話

 横浜高で甲子園春夏連覇を果たし「平成の怪物」と呼ばれたソフトバンクの松坂大輔投手。中学時代は東京都江戸川区の強豪チーム「江戸川南リトルシニア」に所属し、数々の大会で優勝するなど、当時から頭角を現していた。その当時、右腕を指導していたのが大枝茂明さんだ。

 現在、東京都大田区の「城南ボーイズ」で監督を務め、巨人の江柄子裕樹投手や、埼玉西武の木村文紀外野手など、プロ入りする選手を輩出してきた。メジャーリーグから帰国後、復活へ試行錯誤を続ける松坂。大枝さんはその姿をどう見ているのか。教え子に対する思いを語ってもらった。

 大枝さんは、松坂の第一印象を「小さくて小太り。この子が活躍するとは思わなかった」と振り返る。

「中学1、2年で背が伸びて、変わってきましたね。ピッチングに豪快さはなかったですが、非常に安定していて負けませんでした。チームにはエースピッチャーが他にいましたが、『この子は何か持っているな』と感じ始めました」

 そんな松坂は当時、練習嫌いだったという。大枝さんは、練習をさぼっているのをよく見かけたと話す。

「走るのが嫌いでしたね。練習を、がつがつやるタイプではありませんでした。1か月間の走り込みを控えた秋の最終戦、松坂がホームにスライディングをしてアウトになったのですが、『キャッチャーのブロックで足首をひねった』と言って、足を引きずって戻ってきたんです。それを見たチームメートは『走りたくないから、わざとだろう』と言いながら、松坂の足首を蹴っていました。ところが次の日、松坂はギプスして練習に来ました。本当に骨折していたんです。そのくらい、松坂のさぼり癖は有名でしたね」

人気記事ランキング