野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 阪神で期待外れ…1年で退団のヘイグがOP戦好調「メジャー昇格候補入り」も

阪神で期待外れ…1年で退団のヘイグがOP戦好調「メジャー昇格候補入り」も

昨季阪神に所属したマット・ヘイグ内野手がメジャーのオープン戦で好調な滑り出しを見せている。

ツインズとマイナー契約のヘイグ、OP戦で打率.455と好調維持

 昨季阪神に所属したマット・ヘイグ内野手がメジャーのオープン戦で好調な滑り出しを見せている。

 今季はツインズとマイナー契約を結び、招待選手としてメジャーキャンプに参加。2日(日本時間3日)に行われたオリオールズとのオープン戦では「8番・サード」でスタメン出場し、2打数1安打で途中交代した。ここまで出場したオープン戦では5試合中4試合でヒットを放っており、11打数5安打、3二塁打で3打点。打率.455、出塁率は5割となっている。

 米CBSスポーツ電子版では今キャンプ中にヘイグの好調ぶりを伝えており、「ミネソタ(ツインズ)の25人のロースターの大穴だが、春に力強さを見せ、シーズン初期にケガ人が発生すれば昇格候補に入る可能性がある」とレポートしている。

 昨季、阪神で中軸を担う存在として期待されながら31試合の出場にとどまり、打率.231、2本塁打、11打点と低調な成績に終わった31歳。前阪神助っ人は新天地で存在感を発揮しているようだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬