野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「Dice-Kが先頭行く」―MLB公式サイト選出、WBC歴代ベストナインにイチ&松坂

「Dice-Kが先頭行く」―MLB公式サイト選出、WBC歴代ベストナインにイチ&松坂

第4回WBCの開幕が目前に迫るタイミングで、MLB公式サイトが過去3大会を通じた最強チームを選出。日本人選手ではイチロー外野手(マーリンズ)、松坂大輔投手(ソフトバンク)の2選手が選ばれている。

日本からは2選手、過去3大会のベストナインをMLB公式サイトが選出

 第4回WBCの開幕が目前に迫るタイミングで、MLB公式サイトが過去3大会を通じた最強チームを選出。日本人選手ではイチロー外野手(マーリンズ)、松坂大輔投手(ソフトバンク)の2選手が選ばれている。

 MLB公式サイトは「Dice-K(ダイスケ)、セペダがWBC歴代ベストチームの先頭を行く」との見出しで特集記事を掲載。一塁にメジャー3冠王のミゲル・カブレラ(ベネズエラ)、二塁にロビンソン・カノ(ドミニカ共和国)ら名手が入る中、右翼にイチロー、投手に松坂が選出されている。

 2006年の第1回大会、09年の第2回大会で連覇に貢献したイチローについては、大会通算安打数で2位タイ、通算得点数で3位にランクインしていることを紹介。「何より日本のファンが忘れないのは、最初の2大会でイチローが母国を金メダルへと導いたことだ。大会の短い歴史の中でおそらく最大のモーメントである2009年大会の決勝10回、彼が2点勝ち越しの安打を放った瞬間も含まれている」とレポートしている。

 また同じく連覇に貢献し、2度MVPに輝いた松坂にについては「他の選択肢があるだろうか?」と称賛し、「国際舞台でほぼ到達不可能な存在となることで彼の日本での伝説的な地位を確固たるものにした」とレポート。通算23奪三振が歴代1位であることも紹介している。

 第4回大会ではどのような選手が飛躍を遂げるのか。間もなく開幕の本番が注目される。

人気記事ランキング