野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2失点のソフトB松坂、次回登板は? 工藤監督「結果を残してもらうしかない」

ソフトバンクの松坂大輔投手が4日、今季初のオープン戦となったヤクルト戦(鹿児島)に先発した。3回を投げ、大引にソロ本塁打を浴びるなど、2安打1四球2失点(自責点は1)の内容だった。

20170221_kudo

ソロ弾浴びるなど2失点も…「勝負にいって打たれるのは問題ない」

 ソフトバンクの松坂大輔投手が4日、今季初のオープン戦となったヤクルト戦(鹿児島)に先発した。3回を投げ、大引にソロ本塁打を浴びるなど、2安打1四球2失点(自責点は1)の内容だった。

 当初、2日の「球春みやざきベースボールゲームズ」のロッテ戦(アイビー)に先発する予定だったが、前日1日の同斗山戦(アイビー)が雨で中止に。和田毅らがスライド登板することにより、松坂に“オープン戦開幕投手”が巡ってきた。

 この日のマウンドに送り、投球を見守った工藤公康監督は「横から見ているだけなので、全部は分からないけど、今日は四球で崩れることはないのかな、と見ていました。勝負にいって打たれるのは問題ないと思います」と評した。

 また、この日バッテリーを組んだ鶴岡慎也は「前回の巨人戦のときよりも良かったと思います。ボールの強さもあった。打ち取るパターンはつかめてきた。もう少ししたら、真っすぐも走ってくると思う」と語った。

 指揮官は次回登板についても言及。「次回も何の問題もなければ、投げてもらいます。Aになるか、Bになるかは投手コーチと話をして決めますけど。4か5イニングは投げてもらおうと思う。それで結果が出れば、その次は100球くらい投げてもらう。他の投手との兼ね合いはあるので、しっかり結果を残してもらうしかない」と、結果を求める考えだ。
 
【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング