野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J、白星締め! 土壇場9回に代打秋山がV三塁打、国内球団に初勝利でWBCへ

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。本番前最後の試合をものにし、上昇気流に乗って7日の初戦キューバ戦に挑む。

先発・藤浪自滅も…2回に“神ってる”鈴木が逆転3ラン

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。本番前最後の試合をものにし、上昇気流に乗って7日の初戦キューバ戦に挑む。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 侍ジャパンは初回、先発の藤浪晋太郎投手(阪神)が乱れ、四球と盗塁、自らの失策で無安打のまま1点を献上。無死二塁からの2連打で、さらに1点追加された。

 だが、直後の攻撃で先頭の中田翔内野手(日本ハム)が右前打、坂本勇人内野手(巨人)が左中間二塁打で無死二、三塁の絶好機を作る。すると、続く鈴木誠也外野手(広島)がオリックス2番手・近藤から左翼席へ逆転3ラン一閃。重たい空気を一振りで吹き飛ばした。

 “神ってる”男の一発で立ち直った藤浪は、2回は13球で3者凡退。課題を残しながらも、2回を2失点で切り抜けた。3回は2番手・平野佳寿投手(オリックス)が“味方”を相手に3者凡退の好投を披露も、4回に3番手・岡田俊哉投手(中日)が長短打2本で同点に追いつかれた。

 侍打線は鈴木の逆転3ラン直後から沈黙。オリックス2年目・近藤とドラ8沢田の前に打者16人が連続凡退とされた。再びバットから快音が響いたのは7回1死。打席に立った坂本が、3番手・沢田の6球目スライダーを左前に運び、強化試合初のマルチ安打を記録した。続く鈴木が四球を選び、1死一、二塁としたが得点には結びつかなかった。

 しかし、9回は先頭・平田が中前打。2死一、二塁から田中の代打・秋山が右翼線へ決勝の2点三塁打で勝ち越した。その裏を締め、オリックスを振り切った。

 これでWBC前の実戦を2勝3敗で終了。国内球団相手には2月25日ソフトバンク戦(0●2)、3月3日阪神戦(2●4)連敗していたが、3試合目で勝利を飾った。

 初戦のキューバ戦まで、あと2日。この白星で勢いをつけた侍ジャパンが、世界一奪回を目指した戦いに挑む。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング