野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

白星締めの侍・小久保監督 WBCへ向け自信「なんとかいい形で仕上がった」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。これで本番前の実戦は2勝3敗で終了。7日の1次ラウンド初戦キューバ戦へ向け、小久保監督は「いい形で仕上がった」と自信を見せた。

9回の代打策が的中し、オリックスに勝利…本番前の実戦2勝3敗

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。これで本番前の実戦は2勝3敗で終了。7日の1次ラウンド初戦キューバ戦へ向け、小久保監督は「いい形で仕上がった」と自信を見せた。

 試合後の小久保監督の一問一答は以下の通り。

――最後の強化試合を勝利で終えた。

「投手陣にメドが立った。ボールの対応を含め、良くなってきた印象」

――藤浪は2失点したが、中継ぎ陣は踏ん張った。

「だいぶ投手陣が安定してきた。打線はまだ本調子じゃないと思うけど、本番もなかなか点は取れないので、つないで、つないで相手よりも1点多く取って勝ちたい」

――打線は鈴木にホームランが出て、秋山が決勝の三塁打。

「鈴木誠也に一本、出てきたのは大きい」

――これで強化試合を終了。総括は。

「何度も言うように、投手陣にメドが立った。とにかく投手が抑えないと、勝てない。なんとか本戦へ向け、いい形で仕上がった」

――WBC本戦への意気込みは。

「明日(6日)、東京に移動して、前日練習を終えて、チーム一丸となって7日を迎えたい思う」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」