野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

強心臓の侍・石川、開幕投手で4回1失点快投「もうちょっと緊張したかった」

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ戦(東京ドーム)に臨み、11-6で勝利した。打線が14安打11得点と爆発。救援陣が終盤に失点を重ねたものの、両軍合わせて25安打の乱打戦を制した。2大会ぶり3度目の優勝を目指す日本はB組最大のライバルに競り勝ち、2次ラウンド進出へ前進した。

20170307_ishikawa4

キューバ相手に4回2安打1失点…大役で結果を残し、侍打線に勢いつける

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド初戦でキューバ戦(東京ドーム)に臨み、11-6で勝利した。打線が14安打11得点と爆発。救援陣が終盤に失点を重ねたものの、両軍合わせて25安打の乱打戦を制した。2大会ぶり3度目の優勝を目指す日本はB組最大のライバルに競り勝ち、2次ラウンド進出へ前進した。

 開幕投手を務めた石川歩投手(ロッテ)は4回2安打1失点と好投。大役で見事結果を残し、侍ジャパンに勢いをつけた。

 試合後の一問一答は以下の通り。

――独特の緊張感があった。

「あまり緊張しなかった。いつも通りに入れた」

――4回1失点という内容。

「ストライクがあまり先行できなかったので、苦しいピッチングになった。野手の方に助けられてなんとか…」

――初回はピンチを作った。

「(内野安打は)ボールに触らなければ良かったなと。ちょっと後悔した」

――味方の守備が救った。

「本当に心強かったです」

――投球を振り返って。

「本当に緊張しなかったので、もうちょっと緊張したかった」

――大役で白星をつかんだ。

「勝ったことが一番良かったと思うし、また次投げられるように準備したい」

――次戦へ向けて。

「もうちょっといい投球ができるように、次も頑張っていきたい」

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中