野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松田が侍J1号3ラン! 4安打4打点爆発「監督に感謝したい」

侍ジャパンの松田宣浩内野手が7日のWBC1次リーグ初戦キューバ戦で3ランを含む4安打4打点と爆発した。

松田が侍J白星発進導く活躍「集中して打席に入ることができた」

 侍ジャパンの松田宣浩内野手が7日のWBC1次リーグ初戦キューバ戦で3ランを含む4安打4打点と爆発した。

 この日は「8番・三塁」でスタメン出場。2回の第1打席でセンターへヒットを放つと、4回の第2席もセンターへ2打席連続のヒット。続く5回の第3打席では左翼席へ侍ジャパン今大会1号となる3点弾を叩き込んだ。ダイヤモンドを一周した松田はスタンドへ「熱男~!」と大絶叫。6回の第4打席は見逃し三振に倒れたが、8回にもタイムリーを放ち、この日は4安打4打点の大暴れだった。

 試合後、ヒーローインタビューに答えた松田は「ここに集まってくださったファンのみなさんのパワーが日本の勝利に貢献してくれた」と感謝。4安打に「代表合宿が始まってから強化試合を含めて自分のバッティングできなかった。今日がスタートだと思って一打席一打席、一球一球、集中して打席に入ることができた。今日スタメンで使っていただいた監督に感謝したい」と話した。

 本塁打には「変化球だったんですけど、タイミングよく捉えることができた」。両軍合わせて25安打の乱打戦を制し、V奪還へ白星発進した侍ジャパン。松田は「必ず明日(8日)も勝利してどんどん上を目指せるようがんばりたい」と第2戦のオーストラリア戦を見据えた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」