野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

初対戦投手の初球を振り決勝弾 侍・中田が「WBC初アーチ」を打てた理由

野球日本代表「侍ジャパン」の中田翔内野手(日本ハム)が8日の1次ラウンドB組・豪州戦(東京ドーム)で今大会初本塁打となるソロ弾を放った。同点の7回先頭、今大会8打席目で生まれた初安打が決勝の「WBC初アーチ」となり、日本は4-1で勝利。2連勝で2次ラウンド進出へ大きく前進した。

試合を決める豪快初アーチ、「こういう時こそ初球からフルスイング」

 野球日本代表「侍ジャパン」の中田翔内野手(日本ハム)が8日の1次ラウンドB組・豪州戦(東京ドーム)で今大会初本塁打となるソロ弾を放った。同点の7回先頭、今大会8打席目で生まれた初安打が決勝の「WBC初アーチ」となり、日本は4-1で勝利。2連勝で2次ラウンド進出へ大きく前進した。

 代わったばかりの3番手・ウィリアムズの初球、スライダーを思い切り振り抜いての決勝弾。試合後、中田は「投手の球質、球の癖の情報はなかった」と振り返った。なぜ、そのような状態で中田は初球を本塁打に出来たのか。自身の打撃の状態に裏付けがあったという。

「結果が出ない時はボールを待ってしまう。こういう時こそ初球からフルスイングしようと。それがハマった」

人気記事ランキング