野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V戦士・岩村明憲氏が豪州戦の千賀快投を絶賛「あのフォークは打てない」

2大会ぶりの優勝を目指して第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表「侍ジャパン」。7日の第1戦キューバ戦では乱打戦を制して白星スタートを決めると、8日の第2戦オーストラリア戦では、序盤は投手戦となった接戦を中田翔内野手(日本ハム)と筒香嘉智外野手(DeNA)のWアーチで決着をつけた。

20170308_iwamura

好守連発の二塁・菊池に「ニンジャ菊池は安心感を与える」

 2大会ぶりの優勝を目指して第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を戦う野球日本代表「侍ジャパン」。7日の第1戦キューバ戦では乱打戦を制して白星スタートを決めると、8日の第2戦オーストラリア戦では、序盤は投手戦となった接戦を中田翔内野手(日本ハム)と筒香嘉智外野手(DeNA)のWアーチで決着をつけた。

「自分が決めてやる」 先頭打者ホームランで山田が“お目覚め”(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 1次ラウンド突破に王手を掛けた侍ジャパンが見せたオーストラリア戦の戦いぶりを、第1回、第2回WBC優勝メンバーで、現在はルートインBCリーグ福島ホープスで選手兼監督を務める岩村明憲氏は、どう見るのか。岩村氏は中田&筒香の2本塁打が生まれる伏線を張った千賀滉大投手(ソフトバンク)の快投を絶賛する。

「この試合は、何と言っても千賀でしょう。内野安打でランナーを1人出したものの、2回を投げて打者7人でピシャリと締めた。4奪三振。ストレートは155キロ出てたよね。そこへ135、6キロのフォークが来るんだから、あれは打てない(笑)。外国人選手は日本人のフォークに苦戦するイメージがあるかもしれないけど、この場面に限っては、千賀のフォークの落差。あれだけ落ちるフォークはなかなかないよ。

 6回にマウンドに上がった彼がオーストラリアに付け入る隙を与えなかったことで、7回先頭の(中田)翔の勝ち越しホームランにつながった。あそこで試合の流れを渡さなかった千賀の功績は大きいね。

 千賀は後ろ(9回)で使ってみても面白いんじゃないかな。立ち上がりは抜群だし、あのストレートとフォークがあれば、1イニングを完璧に封じることは難しくない。経験のある牧田(和久)ももちろんいいけど、千賀っていうオプションも作れる」

 日本は初回に先制の好機を迎えるが得点できず。2回に、先発・菅野智之投手(巨人)がデサンミゲルに一発を浴び、1点を追う形となった。打線は、オーストラリア先発アサートンの前に、1回1死から打者12人が連続凡退。「少し浮き足立っていた」日本を落ち着かせたのが、千賀の快投だったと見る。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中