野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米国が6回に2得点! ジョーンズ適時二塁打、アレナド振り逃げで同点

米国が6回に2得点! ジョーンズ適時二塁打、アレナド振り逃げで同点

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールCが10日(日本時間11日)、米国・マーリンズパークで行われ、アメリカが6回にコロンビアから2点を奪い、同点に追いついた。

米国打線がようやく反撃

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールCが10日(日本時間11日)、米国・マーリンズパークで行われ、アメリカが6回にコロンビアから2点を奪い、同点に追いついた。

 WBC初優勝を目指すアメリカは今大会、好選手を続々と招集。この日も1番・キンズラー(タイガース)から、A・ジョーンズ(オリオールズ)、アレナド(ロッキーズ)、ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)、ポージー(ジャイアンツ)、スタントン(マーリンズ)、マーフィー(ナショナルズ)、マッカチェン(パイレーツ)、クロフォード(ジャイアンツ)と強力打線を揃えた。

 しかしホワイトソックスで活躍する相手先発キンタナの前に沈黙。5回まで無安打無失点に抑えられ、0-2とリードを許した6回も2死を奪われた。しかし、直後、クロフォードがライトへチーム初ヒットを記録。球数制限(65球)目前の63球となったキンタナがここで降板すると、2番手のクエバスに襲い掛かり、キンズラーもヒットで続き、A・ジョーンズが適時二塁打でまず1点を返した。

 さらに強打者アレナドが振り逃げで同点。なお2死一、三塁とチャンスが続いたが、ゴールドシュミットの代打に送られたホズマー(ロイヤルズ)が投ゴロに倒れてこの回逆転はならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング