野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“情報戦”はどちらに有利に働く? 侍と対戦のオランダ、2人のNPB選手が鍵に

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、12日に2次ラウンド初戦の日本戦(東京ドーム)に挑むオランダ代表。東京ラウンドで最大の注目カードがいきなり実現するが、オランダで鍵を握るのが、2人のNPBプレーヤーだ。

20170307_van-den-hurk2

バンデンハークとバレンティンが“データベース”に?

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、12日に2次ラウンド初戦の日本戦(東京ドーム)に挑むオランダ代表。東京ラウンドで最大の注目カードがいきなり実現するが、オランダで鍵を握るのが、2人のNPBプレーヤーだ。

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手は先発マウンドに上がる。1次ラウンドでは、オランダにとって初戦となった7日の韓国戦に先発し、4回3安打無失点と快投。白星発進に導いた。かつてプレーしていた韓国を相手に快投しただけに、現在プレーする日本に対しても同じような結果を残したいところだろう。

 もっとも、本人は「韓国戦と同じで、私も彼らを知っているけど、彼らも私を知っている」と“警戒”。「日本のラインアップのバランスはいい。1人1人に対してアプローチしたい」と話すにとどめた。ただ、NPBではデビューから14連勝の日本新記録をマークするなど、2年間で16勝3敗、防御率3.14と好成績を残しており、日本にとって難敵になることは間違いない。

 また、4番にはヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が座る。2013年に日本記録のシーズン60本塁打をマークした大砲は、1次ラウンドで打率.556を記録。チームを牽引してきた。「自分にはホームランを期待されるけど、これは短期決戦なので、いかにいいプレーをして勝てるかが重要。勝利に貢献するためにホームランではなくヒットが必要なら、そうしたい」。2次Rでもチームバッティングに徹する構えだ。

人気記事ランキング