野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・菅野、弾丸ライナーの逆転2ラン浴びる 山田の先頭打者弾で先制も…

野球日本代表「侍ジャパン」は14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第2戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回に山田哲人内野手(ヤクルト)の先頭打者ホームランで先制するも、先発・菅野智之投手(巨人)が2回に逆転2ランを浴びた。

2回にあっという間に逆転許す

 野球日本代表「侍ジャパン」は14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第2戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回に山田哲人内野手(ヤクルト)の先頭打者ホームランで先制するも、先発・菅野智之投手(巨人)が2回に逆転2ランを浴びた。

 菅野は初回、3者凡退の好スタート。その裏には3試合ぶり1番起用の山田が先頭打者弾を放った。

 2回、菅野は先頭のデスパイネ(ソフトバンク)を遊撃内野安打で出すと、続くグラシアルにカウント1-1からのスライダーが真ん中付近に入る。これを捉えられ、弾丸ライナーでレフトスタンド最前列に飛び込む逆転2ランとされた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬