野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・山田、WBC初本塁打となる先頭打者弾に「自分のスイングができた」

野球日本代表「侍ジャパン」は14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第2戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回に山田哲人内野手(ヤクルト)の先頭打者ホームランを放った。

初回に貴重な一発も…日本は菅野が2ランを浴びて逆転許す

 野球日本代表「侍ジャパン」は14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第2戦でキューバ(東京ドーム)と対戦。初回に山田哲人内野手(ヤクルト)の先頭打者ホームランを放った。

 山田は2ボール1ストライクから相手先発バノスのカットボールをフルスイング。レフトスタンドへ運んだ。1次ラウンド初戦のキューバ戦ではレフトスタンドに大飛球を放つも、ビデオ判定で二塁打に。「幻のホームラン」となっていたが、同じキューバ戦で正真正銘の一発をレフトスタンドに叩き込み「最近、自分のスイングができていませんでしたが、この打席では自分のスイングができました。1番打者として一番いい結果が出たと思います」とコメントした。

 しかし、侍ジャパンは2回、菅野がグラシアルに弾丸ライナーの2ランをレフトスタンドに叩き込まれ、逆転を許した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中