野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・菊池がまた美技 ゴロを滑り込んで止め素早く送球、俊足フルドをアウトに

野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)。6回に菊池涼介内野手(広島)がまたしても美技を見せた。

20170315_kikuchi

12日のオランダ戦でも超美技、東京ドームは大歓声に包まれる

 野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)。6回に菊池涼介内野手(広島)がまたしても美技を見せた。

侍ジャパンがイスラエルを撃破 国内6連勝で4大会連続決勝ラウンド進出(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 試合は0-0のまま6回に。日本は5回無失点の好投を見せた先発・千賀に代わり、2番手・平野がマウンドへ。1死からフルドが一二塁間へゴロを放つと、セカンドの菊池が滑り込みながら捕球。素早く立ち上がって一塁へ送球し、俊足のフルドをアウトに仕留めた。東京ドームは大歓声に包まれた。

 12日のオランダ戦でも二遊間への打球に対して超美技を見せ、東京ドームを沸かせていた名手。またしても守備で存在感を見せた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中