野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・筒香が先制弾、中堅スクリーンのわずか下にぶち当てる超特大ホームラン

野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)。6回に4番・筒香嘉智外野手(DeNA)が超特大の先制弾を放った。

20170315_tsutsugo

菊池の美技の後に特大弾で先制、今大会3発目

 野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルと対戦(東京ドーム)。6回に4番・筒香嘉智外野手(DeNA)が超特大の先制弾を放った。

 この回先頭で打席に立った筒香は、相手の2番手右腕アクセルロッドの直球をフルスイング。センターバックスクリーンの電光掲示板のわずか下に当たって跳ね返る超特大弾となった。

 打った瞬間に東京ドームが沸き返り、イスラエルの選手が立ち尽くすほど完璧な当たりだった。筒香はこれが今大会3本塁打目。4試合ぶりの一発で、日本に貴重な先制点をもたらした。

 直前の守備では菊池がセカンドで美技を披露。筒香の先制弾を呼び込んだ。
 
 侍ジャパンは、イスラエルに勝てば2次ラウンド3連勝で1位での決勝ラウンド進出が決定する。この日昼の試合でオランダがキューバに勝利したため、負けた場合は2勝1敗で3チームが並ぶが、当該チーム間での失点率により、4失点以内(9回で終了の場合)なら2次ラウンドの1位通過が決定。5失点以上ならオランダが2次ラウンドを1位通過し、日本は16日にイスラエルと2位通過を懸けたプレーオフに臨む。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング