野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J・千賀、5回1安打無失点の好投「ゼロで抑えられたのが一番」

2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルを8-3で破り、1次ラウンドから無傷の6連勝で決勝ラウンド進出を決めた。この日は先発の千賀滉大投手(ソフトバンク)が5回を1安打4奪三振2四死球で無失点に抑える好投。その後の打線の爆発を呼び込んだ。

「野手の方に助けられた」

 2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は15日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド第3戦でイスラエルを8-3で破り、1次ラウンドから無傷の6連勝で決勝ラウンド進出を決めた。この日は先発の千賀滉大投手(ソフトバンク)が5回を1安打4奪三振2四死球で無失点に抑える好投。その後の打線の爆発を呼び込んだ。

 試合後、インタビューに答えた右腕は「とにかくゼロで抑えることを第一でいきました」と充実の表情。「ゼロで抑えられたのが一番、そのなかで野手の方に助けられたので、いいピッチングだったと思う」と周囲への感謝も忘れなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬