野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J・菊池、カブス戦で存在感 時差ボケの影響なし?

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で決勝ラウンドに進出した野球日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日午前5時)、アリゾナ州メサでカブスと練習試合を行い、4-6で敗れた。昨季のワールドシリーズ覇者カブスに劣勢に立たされた侍ジャパンだが、WBCで披露した好守で注目を集める菊池が気を吐いた。

20170318_kikuchi5

初回に先制ソロ放った菊池

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で決勝ラウンドに進出した野球日本代表「侍ジャパン」は18日(日本時間19日午前5時)、アリゾナ州メサでカブスと練習試合を行い、4-6で敗れた。準決勝に向けた調整で黒星を喫したが、敗戦の中で菊池涼介(広島)が存在感を発揮。「2番・セカンド」でスタメン出場し、初回にソロホームランを放つなど3打数1安打1四球2打点と活躍した。

 昨季のワールドシリーズ覇者カブスに劣勢に立たされた侍ジャパンだが、WBCで披露した好守で注目を集める菊池が気を吐いた。初回1死走者なしの場面で、カブス先発のメジャー176勝右腕ラッキーから左翼に先制のソロ弾。この一発について、試合の模様を速報したMLB公式サイトも「リョウスケ・キクチは時差ボケの兆候を見せなかった。初回1死、カブスの先発ジョン・ラッキーの初球に対し、レフトへ本塁打をマークした」と評価した。

 侍ジャパンは1次ラウンド、2次ラウンドで全勝し、4大会連続で4強入り。その原動力となった菊池は米国入り後も存在感を放っている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中