野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元ドジャース野茂英雄氏がWBC準決勝で侍Jユニで始球式! 球場から喝采沸く

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、ドジャースタジアムを舞台にアメリカ合衆国代表と準決勝を戦う。決戦の前に元ドジャースの野茂英雄氏が始球式を行った。

侍ジャパン背番号「16」を身にまとって投球

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、ドジャースタジアムを舞台にアメリカ合衆国代表と準決勝を戦う。決戦の前に元ドジャースの野茂英雄氏が始球式を行った。

 試合開始前から雨が降る肌寒い悪天候の中、侍ジャパンのユニフォームを着て登場した野茂氏は、ドジャース時代の監督、ラソーダ氏からボールを受け取ると、捕手役を務めた鈴木誠也を目掛けて投球。現役時代を彷彿とさせるトルネードから高めのボールが繰り出され、あわや暴投かと思われたが、鈴木が大きくジャンプして好キャッチした。

 日本とアメリカ、そしてドジャースを代表する2人の登場は、これから始まる決戦に花を添えた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬