野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・中田が美技、客席へ落ちていくボールをキャッチ 菅野は3者凡退スタート

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、ドジャースタジアムでの準決勝でアメリカ合衆国代表と対戦。中田翔内野手(日本ハム)が初回に美技を見せた。

ファウルゾーンへの飛球に猛ダッシュして好捕

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの優勝を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、ドジャースタジアムでの準決勝で米国と対戦。中田翔内野手(日本ハム)が初回に美技を見せた。

 侍ジャパンの先発・菅野は先頭キンズラーを右飛に打ち取り、簡単に1アウトを奪う。続く強打者ジョーンズが3球目のスライダーを一塁ファウルゾーンへ打ち上げると、中田が猛ダッシュ。最後は、スタンドへと落ちていくボールを体を乗り出しながら掴み取った。

 客席のファンがキャッチする寸前でボールをもぎ取る美技。先発・菅野を助けた。エース右腕は続くイエリチを空振り三振に仕留め、11球で3者凡退に仕留める好スタートを切った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング