野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米国に1点差惜敗の侍J・小久保監督「ミスは責められない」「1点が遠かった」

野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。先発のエース菅野ら投手陣は好投も、4回と8回に内野陣の守備のミスから失点。打線もわずか4安打に抑え込まれて援護できなかった。

投手陣好投も守備陣にミス、指揮官「責められない」「選手に感謝したい」

 野球日本代表「侍ジャパン」は21日(日本時間22日)、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝(ドジャースタジアム)で米国と対戦。1-2で敗れ、2大会連続で準決勝敗退に終わった。先発のエース菅野ら投手陣は好投も、4回と8回に内野陣の守備のミスから失点。打線もわずか4安打に抑え込まれて援護できなかった。開幕から無傷の6連勝で米国との大一番に臨んだが、今大会初黒星で敗退。2大会ぶりの世界一はならなかった。

 試合後、取材に答えた小久保監督は「ホームが遠い、そういう試合だった。ピッチャーは本当によく投げた」と振り返り、「こちらがなかなか芯でとらえることができなかった」と話した。この日はメジャーのトップクラスを揃える打線を2点に抑えたが、打線は菊池のソロ弾による1点のみ。米国に競り負け、指揮官は「何度も言いますけど、ホームが遠かったですね」と悔やんだ。

 4回には菊池のエラーが失点につながり、8回は1死二、三塁でジョーンズの三ゴロを松田が処理するも、ボールが手につかず、三塁走者の生還を許した。「少し守備のミスも出ましたけど責められない。1点が遠かった」と指揮官。「一発勝負でこれは非常に難しい戦いで選手は責められない」と話した。

 さらに「侍ジャパンとして開幕前にリスクがありながらこのユニホームに袖を通してくれた選手に感謝したいです。本当に悔しい負けですけど、選手はよくやったと思います」と何度も侍戦士を称えた小久保監督。世界一奪還はならず、悔しさを滲ませた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬